ミシガン ヒューロン湖でレイクトラウトを狙う!スプーン選びやアクションも解説!

こんにちは、Amberjackです。

いやー超久々の投稿となりましたが、ブログの体裁もようやく整えて装いも新たに2024年初投稿でございます。
という事で今回はレイクトラウト!場所はミシガンの北側にあるヒューロン湖に面した防波堤でございます。

この場所は冬場にレイクトラウトが接岸することで超有名。私も釣れる釣れると周りから聞いていたのですが中々タイミングが合わず過去3年間ほど釣りに行くことが出来ませんでした。そして1月上旬にとうとう釣行が実現!
いざ現場についてみると血みドロヘドロ状態でまるでチェンソーマンが暴れた後の惨劇!これは興奮しますな!

ところでマイカートは釣り竿が立てられるように僅かばかりカスタムしてあります。私の個人的な所感ですが、市販のカートに満足できずにカスタムし始める人は普段から釣りの事しか考えていないような変態が多いので釣り場で見かけたら積極的に話しかけるべきだと思っています。間違いなく色々教えてくれますが釣りのアカシックレコードと化しているハズですのでそのまま聞いていると時合いを逃す事になりすので話を止めるタイミングにお気を付けください。

さて、夜が明け周りが明るくなってきた時、同行者にレイクトラウトがヒット!こちらはバイブレーションで防波堤の際をリフト&フォールしていたらヒットしたとの事です。

この釣り場は手前10mくらいが水深3mと深くなっているのですが、その先は浅くなっています。という事でレイクトラウトは手前の深場をウロチョロしていると判断。捕食も恐らく上手ではないので軽めのスプーンでボトムをフワフワネチネチ攻める作戦に切り替え、リトルクレオの1/3ozに変更!

ゆっくりリーリングし、ボトムレンジをキープしながらレイクトラウトが追ってきているであろう手前でストップしてフォールさせるとヒット!作戦が功を奏しました。

やりました!まるでヘビのようにやせ細ったレイクトラウト!毛をむしられたニワトリの如くあまりにも不憫なのでリリースです。

もう一人の同行者にもヒット!こちらはバイブレーションを遠投して沖合でフォールさせていたらヒットしたとの事。

恐らく80㎝を超えるであろう巨大なレイクトラウトでした。使っているバイブレーションはStrike KingのRed Eye Shadだと思います。ゆっくりとしたシミーフォールが特徴的なルアーです。レイクトラウトはフォールに良く反応しますね。

という事で、私も浮き上がりやすくフォールでブリブリテールを振ってアクションするMoonshineのCasting Spoon、1/2ozに変更!

最近Youtubeで覚えた、中禅寺湖のレイクトラウトに良く効くアクション ボトムタッピングを試してみます。
コツはルアーが着底後、リールを半回転~1回転させ、ストップ、またリールを半回転~1回転させるを繰り返します。
巻くときや止めるときにロッドティップを意識しながらフワフワさせるイメージで動かすと良いと思います。

ボトムタッピングを繰り返しながら手前まで寄せるとヒット!

約80㎝のレイクトラウト!婚姻色がはっきりと出た産卵前もしくは産卵後の個体ですね!僕はレイクではなくアコム派なのでこちらもリリース!

という事で今回もこの釣行を動画に致しました!特にリーリングなどの文字では伝え辛いアクションも納めていますので是非ご参考にしてください。

既にこの釣り場は先週からの寒波で凍り付いていますが、氷が溶けたタイミングもまたレイクトラウトのチャンスですからね!天気予報を注視しながら氷が溶けそうなタイミングを見計らって是非チャレンジしてみてください!
それではまた。

Amberjack

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次